家づくりの考え方

thought4_img1

薪・ペレットストーブのすすめ

あなたが家をつくる時の、暖房計画の中に「薪ストーブ」はありますか?この雪国の青森で家づくりをする方は、特別な注文をしなくても、「あったかい家」を望むのは必然です。最近は住宅の断熱基準がずいぶん上がり、比較的スタンダードな材料を使用しても、暖かさを確保出来るようになったと感じます。そこで次に、暖房器具をどうするか?という選択で皆さん悩む訳なのですが。もしあなたが暖房器具を選ぶ時に、何を1番に考え選択するでしょうか?設置費用(イニシャルコスト)、燃費(ランニングコスト)でしょうか、はたまた便利な機能でしょうか?現在、家を新築する際の暖房器具としては、フル暖エアコン、ヒートポンプなど電気を使ったもの、パネルヒーターやストーブなどの灯油を使用するものなどが一般的です。県木住では、更に選択肢の一つとして薪ストーブやペレットストーブなどの「木のエネルギー」をご提案しています。まずこれは、燃料として「木」を使用する事により、環境に優しい事、電気料金や灯油の値上がりをあまり気にせず冬を過ごせる事、そして「火」がある事により、温かみを感じる事が出来ます。薪ストーブは唯一燃料の自給が可能な暖房と言っても過言ではありません。決して見た目だけでは無く、実際に体感して頂くと暖かさの「質」の違いを感じていただけるでしょう。薪ストーブに関しては、薪をつくる、くべる、灰の処理、煙突の掃除など作業が必要になりますが、それ以上に火を操る楽しさがあります。ぜひ、ご検討下さい。

「くべる部(べ)」とは

当社で建築させて頂いたユーザー様の中で、薪ストーブを選択される方は約半数です。しかし、家を新築される以前からずっと薪ストーブを使用していた、もしくは計画当初から家を建てる時は薪ストーブにしよう、という人は意外と少ないです。その人達も最初は、建物を見学に来て初めて真近で見た、薪ストーブのある暮らしに憧れているが導入は現実的ではない気がする。の方がほとんどです。おそらく皆さんが気になるのが、薪の調達方法やメンテナンスだと思います。県木住では薪の購入先から調達方法、メリット、デメリットを正しくご理解頂き、採用させて頂いております。さらに薪ストーブ愛好会「くべる部(べ)」(県木住ユーザー様のみ)を組織し、不定期ですが「薪集め会」などイベントを通し情報交換など行っています。また、会員様に向けたお得情報の提供や器具の貸出など、ユーザー様同士の交流を図りながら皆さまの薪ストーブライフを熱くサポートしています。